【手打十段 うどんバカ一代】うどんにバター!?行列必至の個性派うどん in 高松市

 うどん 食べた 2017年9月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • bakaichidai01

    今年5月、お遍路で香川を訪れた時に入った、讃岐うどんのお店『手打十段 うどんバカ一代』です。釜バターうどんが有名です。


    2017/5/4訪問

    bakaichidai02

    香川にうどん屋は数多くあるので、個性を発揮するのは簡単な事じゃありません。その中でもひときわ強烈なアイデンティティを放つのが、バター入りうどん発祥の店としても有名なこちらの『うどんバカ一代』。

    bakaichidai03 bakaichidai04

    お店は朝の6時から営業。この日は祝日ではありますが、7時台にしてこの行列。そして、入店できたのが9時半です。期待が高まります。RNCラジオの中継も来ていて、とてもにぎやか。

    bakaichidai05

    注文したうどんを受け取ったら、お好みでトッピングを加えてお会計。

    bakaichidai06

    やっぱり、釜バターうどん 小(490円)を注文しました。生卵付きです。ちなみに、かけうどんの小が210円。

    bakaichidai07

    黒胡椒が利いており、カルボナーラ風うどんという感じです。もちもち食感が病みつきになりますね。

    bakaichidai08 bakaichidai09

    小麦とバターと卵ですからね、パンやケーキを作る時と同じなわけです。うまくないはずがない。

    bakaichidai10

    “うどんバカ一代といえば釜バター”といった具合に、この1杯を目指してくる客は多いようです。つくづくブランド化は大事だなと思いました。

    手打十段 うどんバカ一代

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

     よく読まれている記事