<お遍路宿紹介>宿坊:第19番札所 立江寺

 旅した 2017年10月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 立江寺宿坊

    お遍路宿の紹介です。お遍路ではじめて泊まった宿坊が、こちら第19番札所 立江寺さんの宿坊でした。


    2016/8/10宿泊

    立江寺山門

    納経所で13~17時の間に受け付けを済ませます。納経所と宿坊は同じ建物の中にあります。

    立江寺大師像

    寺務所の男性によると、17時から勤行(お勤め)があるらしく、『輪袈裟』と『数珠』を持ってお堂に集合とのこと。そのかわり朝のお勤めはありません。

    立江寺宿坊2階

    2階の『飛天三』という1~2名用の個室へ通されました。1泊2食付きで6,500円です。

    立江寺宿坊飛天三

    最初から布団が敷かれています。部屋を出てすぐの浴室で汗を流して、17時の勤行へ。

    宿泊者の勤行の参加不参加は自由ですが、せっかくなので出るべきでしょう。護摩堂はなかなか見ものですよ。それが終われば、17:30ごろ1階の食事部屋で夕食。

    立江寺宿坊夕食

    食事係のおばちゃんと同宿の方と話しながら舌鼓。ご飯はおかわり自由。

    立江寺宿坊朝食

    朝食は6時ごろ頂いたのですが、同宿の方はすでに終えられて、早々に出発していました。

    立江寺宿坊玄関

    もちろんお遍路さん以外でも泊まれますので、宿坊体験をしたい方もぜひ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

     よく読まれている記事