<お遍路宿紹介>民宿:住友産業保養所 なべいわ荘

 2017/10/03  2018/11/03

お遍路宿の紹介です。山の上の札所 焼山寺(12番)から下っていくと一番最初に見えてくる宿です。『住友産業保養所』と書いてありましたが、かつての名残という感じなので、今は誰でも泊まれます。


2016/8/8宿泊

なべいわ荘バス停

遍路宿で有名な『すだち館』が同じ集落にあるので、厳密に言えばそちらを先に目にするかもしれません。

なべいわ荘

さて、なべいわ荘の前ではかわいい番犬がお出迎え。

なべいわ荘の犬

様子をうかがいながら寄ってきて横になる番犬。玄関に入って「こんにちは~」と呼びかけると、やさしそうな女将さんが出てきて対応してくれました。僕が通されたのは『すみれ』という2階のお部屋。

なべいわ荘部屋

夕食まで時間があるので、いったんお部屋に荷物を置き、内湯と洗濯機をお借りします。なお、この日は天皇陛下のお気持ち表明の日でした。

なべいわ荘風呂

今夜は宿泊客が僕しかいないらしく、内湯を沸かしていないのでシャワーだけ。けれどそんな日は、近場の『神山温泉』に連れて行ってくれるサービスがあるらしいのです。

なべいわ荘洗濯機

とりあえず、汗まみれの服を洗濯機(100円)にかけ、部屋に戻る。アブラゼミの音を聴きながらお茶を飲む。

なべいわ荘お茶菓子

お茶菓子の量が異常。

部屋内観。

そうこうしているとご主人が『神山温泉行きますよ』と呼びに来ました。内湯を沸かしている日にはない特別待遇でした。ちなみにご主人はパンチ効いてます。

温泉から戻ると夕食の時間。

なべいわ荘夕食

18時、食堂にて夕食。この大葉の入ったそうめんは2秒で吸い込みました。なべいわ荘は1泊2食付きで6,500円です。

なべいわ荘内観

旅館寄りの民宿といった印象のなべいわ荘。廊下にお遍路ノートが置いてあるあたりは遍路宿。

なべいわ荘お遍路日記

結願という目標を同じくする人たちに思いを馳せ、焼山寺越えの日の夜は早々に眠りに落ちました。

翌日の朝食は6時30分から。

なべいわ荘朝食

なべいわ荘の近くの阿部酒店の自動販売機で飲み物を買ってから、13番札所 大日寺へ向けてスタートしましょう。

なべいわ荘前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。