【ステーキしのだ】湯島の老舗ステーキ屋で、鉄板ビーフがゴロゴロ入ったカレーを喰らう!

 2017/06/26  2018/05/01

東京・湯島天神のほど近くに、ランチにステーキ入りカレーを出すお店があります。『ステーキしのだ』という店名の通り、どうやらカレーの店ではないようです。


ステーキしのだ本郷

ステーキハウスなんて言葉がありますが、こちらは看板がなければ本当にハウス(人んち)のようです。

ステーキしのだランチ

13:20ごろの入店、ノスタルジックな店内では、サラリーマン風の男性がひとりまったりしていました。僕が着席すると、おやじさんが目の前の鉄板で、黙ってステーキ肉を焼き始めます。僕の分かな?

ステーキしのだランチ

焼き上がった肉をゴロゴロとカレーに投入。僕の分を焼いていた、で合ってました。

しのだランチステーキカレー

ランチステーキカレー(1,400円)。量のバランスをいい意味で欠いており、ステーキが具だか、ご飯が具だかわからなくなります。ステーキ屋の矜持といったところでしょうか。

ステーキしのだサラダ

すっぱいドレッシングがかかった、みずみずしいサラダもセットです。

ステーキしのだ福神漬け

福神漬けとらっきょうも常備。

ステーキしのだカレー

店内を見渡しながら、咀嚼に時間をかける贅沢さよ。

ステーキしのだ本郷

そしてシャバシャバなカレーも、ミディアムレアのステーキと上品に絡み合っています。

ステーキしのだカレーランチ

ステーキをカレーのタレにつけて食べてる、と言えなくもありません。

ステーキしのだ湯島

なお、食後にはコーヒーも出ます。

ステーキしのだコーヒー

雑然とした、本物の昭和感を味わいたい方はぜひ。鉄板がなければ、ほぼ喫茶店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。