東京・札幌連絡きっぷ“パシフィック・ストーリー”で、さんふらわあに乗船してきた

 2016/06/09  2018/10/10

飛行機での帰省にも飽きてきた今日この頃。LCC以外で、できるだけ安く、東京から札幌に行きたい…。そこで今回の帰省に、フェリーのお得プランを使ってみることにしました。


スポンサーリンク

僕の地元は札幌市なんですが、最近はLCCのおかげで安く帰省することができます。しかし、こういつも飛行機でというのにも飽きてきました。今年、北海道新幹線も開業しましたが、料金は安いわけではありませんし、北斗までだし…。そんなとき、LCCとそう変わらない値段で、“パシフィック・ストーリー”なるきっぷを発見。バスとフェリーのセット!

太平洋を船に揺られてというのも楽しそうだと思い、さっそく電話で予約を入れ、きっぷの運賃を支払いに行ってきました。

PacificStory001

商船三井フェリーのサイトによると、東京駅ハイウェイバス窓口で出発の1ヶ月前から乗車時間の15分前まで販売しているとのこと。なので僕みたいに、数日前に支払いに行く必要はありません。(もちろん予約は必要ですよ)

PacificStory002

バス乗車券と、フェリーエコノミールーム乗船券の引換券が1枚の用紙にまとめられています。等級のランクアップは、フェリー乗船時に窓口で差額を支払うんだそうです。この券は、その都度切り離して使っていくようです。

LCCと同時期で比較してみても、すごく高いわけでもありません。

パシフィック・ストーリー LCC各社 当該区間
東京駅


札幌駅
東京駅
→札幌駅
バス + フェリー
9,990円
東京駅
→成田空港
900円~

成田空港
→新千歳空港
約6,000円~
(手数料含む)

新千歳空港駅
→札幌駅
1,070円

合計 9,990円 7,970円~

※価格は季節によって変動します。

上の表の航空運賃は最安時間帯の目安料金です。トータルでも料金的にそれほど変わりはありません。ですので、時間を気にしなくていいのなら、このセットプランは移動手段としては全然アリだと思います。ただし、大洗を18:30に出発して、苫小牧に翌13:30に到着なので、フェリーだけで所要時間は19時間です。旅先は太平洋ですな。

PacificStory003

シフィックという誤字を発見。何平洋だよ。

PacificStory004

さっそく東京駅八重洲南口から、14:00の出発です。最初に乗る『高速みと号』は4番バスのりばです。

PacificStory005

乗車時にハンコを押されました。

PacificStory006

週末利用で、乗車率50%ぐらいでした。

PacificStory007

宝町ランプから常磐自動車道、利根川を越え、バスは水戸駅へ。

PacificStory010

バス下車時に、一部が切り離されます。

PacificStory008

水戸駅北口に到着。

PacificStory009

水戸黄門ご一行。

PacificStory011

16:14、3番のりばから乗車します。アクアワールド大洗行き。

ここまで自分と同じ行動をしている人が一人もいません。ちゃんと合っているのか不安ですが、ちゃんと着きました。

PacificStory013

30分ほどで大洗フェリーターミナルに到着。

PacificStory014

下車時に、きっぷがまた一つ切り離されます。

PacificStory012

これから乗船する、『さんふらわあ さっぽろ』が見えますよ!

PacificStory017

さて、さっそく乗船手続きをします。

PacificStory015

乗船名簿に記入して、乗船券引換券と一緒に受付へ提出します。

PacificStory016

僕はエコノミールームからカジュアルルームに変更をしたいので、ここにチェックを入れます。差額3,090円を払って、雑魚寝から個室へランクアップ。なお、スタンダードルームなら6,170円、デラックスルームなら13,370円、スイートルームなら27,260円でランクアップできます。事前予約は必要ありませんが、部屋が空いてなければランクアップできませんから、早めに受け付けするか問い合わせすることをオススメします。

※価格は季節によって変動します。

PacificStory019

乗船券(下船券付)を受け取ります。席番号が与えられました。

PacificStory018

食事はバイキング形式みたいです。

PacificStory020

大洗町が舞台のアニメ『ガールズ&パンツァー』とかなんとか。

PacificStory021

待合スペースでは大相撲中継。

PacificStory022

トラックや乗用車から乗船です。丸腰(?)の人は最後です。

PacificStory025

乗船券が切り離されます。

PacificStory023 PacificStory024

実は、船酔いしやすいので不安です。

PacificStory026

エントランス。これから19時間ちょっと過ごすわけです。

PacificStory027 PacificStory028

特に用はありませんが、フロント付近をウロウロ。

PacificStory029

子供用の衣装も貸りられます。

PacificStory030

キャビンは階上のようです。

PacificStory032 PacificStory031

個室と言ってもカーテンで仕切られただけですが、熟睡するには十分です。

PacificStory033

114番という名前を与えられました。

PacificStory034

枕元にはライトとコンセントが付いていて、充電器さえ持って来ればDVD三昧もできそうです。離岸前なので、まだネットもつながっています。

PacificStory035

さて、船内散策でもしましょうか。

PacificStory036

お風呂は夜以外入り放題です。

PacificStory037

ロッカーは100円返却式なので、100円持って来るのと持って帰るのを忘れずに。

PacificStory038

シャンプーとボディソープはおいてありましたよ。サウナもあるし、普通の銭湯とまるで変わらないです。

PacificStory039

ただ、浴槽につかって水面の傾きを見ていると、重力がおかしくなったんじゃないかと錯覚します。

PacificStory040

レストコーナーのテレビは中日巨人戦を放送中。

PacificStory041

喫煙コーナーは広くて、この中にもテレビがあります。

PacificStory042

エコノミールーム。今度乗ったらこっちに泊まってみよう。

PacificStory043

デラックスルームは完全個室。(スイートもあるよ)

PacificStory044 PacificStory047

最上階にあたる第7甲板から、外に出ることができます。

PacificStory045

足の踏みはずしに気を付けましょうってことかな。

PacificStory046

メラニー・ティエリーでも現れてくれないかな。

PacificStory050 PacificStory051

『さんふらわあ さっぽろ』は小高い丘くらいの高さがあるので、港町・大洗を一望できます。

PacificStory048 PacificStory049

そろそろ出港、景色も夕暮れが濃くなってきました。

PacificStory052

今回乗ったのは、『さんふらわあ さっぽろ』ですが、『さんふらわあ ふらの』と交代交代で同航路を運航してるようです。ネットで空席照会時に、どっちの船になるのか確認できますよ。

PacificStory053

大洗のうんこビル。

PacificStory054 PacificStory055

フェリーターミナルが意外と小さく見えます。さ、レストランに行ってディナーを食べましょう。

PacificStory056 PacificStory057

キッズランドにガチャガチャに…何でもありますね。

PacificStory058

レストランの食事はバイキング形式のみ。

PacificStory059 PacificStory060

お得な2食セット券(2,400円)を買いました。夕食時に済印を押されて、明日の朝食か昼食時に回収されます。(時刻ずれてる)

PacificStory061

90分1,200円と考えると、お得な気がします。元は取りたい。

PacificStory062 PacificStory063

サラダバーの種類が豊富。

PacificStory064

刺身。ツマも船内で作っているのだそう。

PacificStory065

健介ー、肉食え肉!

PacificStory066 PacificStory067

無限ご飯。

PacificStory068

別料金ですが、夕食だけアルコールも提供しているそうです。

PacificStory069

デザート盛り放題。

船上ということでテンションも上がり、舌鼓をバンバン打っていると、いつのまにか出港していました。

PacificStory070

どうか船酔いしませんように。

PacificStory071

船内探索を続けます。

PacificStory072

マリンシアターってことで、映画が放映されます。

PacificStory073

夜の部と朝の部の2回。

PacificStory074

ゲームコーナーも2か所あります。

PacificStory075 PacificStory076

旅館とか行ったら、まずゲームコーナー見るの僕だけですか?

PacificStory077

これだけスポットがあるので、1日船の中で過ごしても飽きないと思います。

PacificStory078

フロントの横には、売店もありますよ。

PacificStory079

歯みがきセットやタオルなどのお泊り用品も売ってますよ。

PacificStory080

4月の売り上げNo.2の、トミカ製『さんふらわあ さっぽろ』。ちなみにNo.1は、さんふらわあマークの付いているBon Voyage!スポーツタオルだそうです。

PacificStory081 PacificStory082

さんふらわあキャップに、さんふらわあTシャツ。

PacificStory083

夜食のラインナップも抜かりなし。

PacificStory084

関東と北海道のお土産が並んでいました。

PacificStory085

富良野限定、ふらのサブレー。富良野の食材限定で作っているということかな。

PacificStory087

懐かしの公衆電話があります。

PacificStory088

衛星回線なので、声が遅れて聞こえるよ。

PacificStory089

波が穏やかなのか、揺れが少ないので、出番はなさそうです。

PacificStory090

さんふらわあ文庫

PacificStory091

誰だあやしげな本を混ぜたのは。

PacificStory092

マッサージ機。至れり尽くせりですね。有料です。

PacificStory093

ホテルの中かと勘違いしそうですが、たまにくる“揺れ”で船上にいることを気付かされます。

PacificStory094

自販機コーナーが各所にあります。

あと、みんなが知りたいのは携帯電話の電波状況ですよね。

PacificStory095
たまにつながる

僕のスマートフォン(mvno)では、大洗を離れた直後から不安定になりました。特に三陸沖を航行中は、ほぼ電波を拾えなくなりました。

明日は朝から“巡視活動”をしたいため、本日これにて就寝です。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 よく読まれている記事