「大河ドラマ」マイランキング発表

 2014/12/15  2018/09/14

さて、日々寒くなってきた昨今、みなさん暖かい液体飲んでますか?そうですか、飲んでますか。このほど【平成のNHK「大河ドラマ」人気ランキング! 2位『龍馬伝』、1位は?】という記事を見かけましたので、僕の好みの大河について述べさせていただきたいと思います。


以下がその記事でのランキングです。

1位/『新選組!』(2004年)
2位/『龍馬伝』(2010年)
3位/『八重の桜』(2013年)
4位/『篤姫』(2008年)
5位/『軍師官兵衛』(2014年)
6位/『秀吉』(1996年)
7位/『利家とまつ~加賀百万石物語~』(2002年)
8位/『義経』(2005年)
9位/『江~姫たちの戦国~』(2011年)
9位/『天地人』(2009年)
9位/『毛利元就』(1997年)
※『マイナビウーマン』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数180件(22歳~34歳の働く女性)。単一回答式・12位以下は省略。

これは平成に入ってからの大河のみのランキングです。現在に近い時期に放送されたものがアンケートの特性上有利かと思いますが、『秀吉』なんかは善戦していると思います。本当に面白かったんでしょうね。一方、僕がリアルタイムで大河をしっかり観はじめたのは2006年の『功名が辻』からでありますので、幾分マイランキングからは乖離しています。しかしね、納得がいかないという気持ちもありますので、それも含めてマイランキングを発表します。

とはいえランキング付けするとアレですので、各大河を「何話まで観たか」を記述します。

2006年 『功名が辻』…最終話
2007年 『風林火山』…最終話
2008年 『篤姫』…最終話
2009年 『天地人』…最終話
2010年 『龍馬伝』…最終話
2011年 『江~姫たちの戦国~』…第一話
2012年 『平清盛』…第四十七話
2013年 『八重の桜』…最終話
2014年 『軍師官兵衛』…第二十八話

他意はありません。ただ、風林火山、龍馬伝、平清盛は個人的にはツボでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。