“富士講の宿” 御師の家に泊まってきた【大鴈丸 fugaku wood works x hitsuki guesthouse & cafe】

 旅した 2017年7月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • fujiyoshida_oshi01

    富士吉田の御師の家に泊まってきました!

    江戸時代に富士登山者を泊めていた『御師』という職業を、みなさん知っていますか?今回、その御師の家に泊まってきました。歴史的にも興味深かったのでレポートします。


    富士山の山梨県側に『吉田口』という登山口があります。道路の整備に伴い、今では簡単に富士山五合目からの登山を楽しめますが、江戸時代にはもっと麓からの登山が当たり前でした。その“スタート地点”でもある現在の富士吉田市上吉田は、登山者を支える『御師のまち』として発展しました。

    fujiyoshida_oshi02

    こちら富士急行の富士山駅(標高809m)の近くには、俗界と富士山の世界を隔てるという『金鳥居』があります。写真に写っているのは駅ビルの“なんちゃって鳥居”なので関係ありません。

    fujiyoshida_oshi03

    富士山駅の駅ビル『キュースタ』に掲示されている周辺マップ。今でも、当時と同じルートで登山を楽しむ人たちがいるみたいです。

    fujiyoshida_oshi04

    メインストリート(国道137号)に出ると、さっそく『金鳥居』と対峙します。鳥居の奥に、富士山の姿がちらっと見えますね。いわゆる“聖域”に足を踏み入れます。

    fujiyoshida_oshi05

    かつて鳥居の脇に立っていた、山梨中央銀行の看板を知っていますでしょうか。あの見慣れた看板が外されたのは、ここ最近のことだそう。

    fujiyoshida_oshi06

    今回、御師のまちを散策するにあたって、案内ガイドツアーを利用することにしました。

    fujiyoshida_oshi07

    ガイドしてくれるのはこちらの勝俣さん。頼もしい。

    fujiyoshida_oshi08

    富士吉田市のマンホール。

    fujiyoshida_oshi09

    休憩所に立ち寄り。こちらは誰でも入れます。

    fujiyoshida_oshi10

    上吉田の町並みを俯瞰できるジオラマがあります。

    fujiyoshida_oshi11

    当時の建物を再現。

    fujiyoshida_oshi12

    金鳥居から北口本宮冨士浅間神社まで続く道。最盛期には、86もの御師宿坊が軒を連ねていたそうです。さぞにぎやかだったでしょうね。

    fujiyoshida_oshi13

    御師の家がすでに営業していた場所に、新たに御師の家を営もうとする人々が出てくるなど、相当盛んだったようですね。この区画は今も残っていて、江戸時代からほぼ変わっていないそうです。この道、実は北口本宮冨士浅間神社にまっすぐ接続はしないのです。

    fujiyoshida_oshi14

    かつては、神社の鳥居へつながるように町ができていました。しかし雪崩などの自然災害が相次いだため、数百mほどずらした現在の場所に引っ越したそうです。かつてのその場所は『古吉田』と呼ばれています。

    fujiyoshida_oshi15

    さて、こちらは重要文化財の旧外川家住宅。世界遺産の構成資産にもなっています。屋敷まで続くこの長い引き込み道は『タツミチ』と呼ばれています。

    fujiyoshida_oshi16

    富士講信者を支えてきた歴史を色濃く残す御師住宅です。

    fujiyoshida_oshi17

    旧外川家住宅の後継人である原さんが、建物内を案内してくれます。

    fujiyoshida_oshi18

    家を支える柱には『天御柱』『国御柱』など、貴重な文字が残っているのだそう。肉眼では見にくいため、パネルで説明。

    fujiyoshida_oshi19 fujiyoshida_oshi20

    お風呂場。

    fujiyoshida_oshi21

    登る前に記念の一枚、といったところでしょうか。

    fujiyoshida_oshi22

    御師の家にはこのように“御神前”があるといいます。その左隣に鎮座するのは、富士講の指導者 食行身禄さん(じきぎょうみろく:1671 – 1733年)の像。富士山七合五勺目(現在の8合目)で即身仏になったんだとか。

    fujiyoshida_oshi23

    富士講信者の衣装である白装束。当時は、死を覚悟しながら登っていたという。

    fujiyoshida_oshi24

    どんどん進む原さん。原さんは『竹屋』という御師をされているかたわら、親戚筋の関係から、こちらの旧外川家の管理にも携わってるとのこと。

    fujiyoshida_oshi25

    富士講の人たちが使う夕食のお膳。よく泊まる講社のお膳は、宿に常備されていたのだという。あらためて説明ですが、

    こう‐しゃ【講社】:同じ神仏を信仰している人々で結成している団体。講。
    (デジタル大辞泉より)

    とのこと。江戸を中心とした各地に、富士山を信仰するための講社『富士講』ができていったんだそうです。

    fujiyoshida_oshi26

    山の下に“包む”と書かれているように見えるのが、講社の家紋にあたる『講印』。どうやらこのお膳は、千葉の講社のものらしい。

    旧外川家住宅をあとにして、ふたたび勝俣さんのガイドで上吉田を歩きます。

    fujiyoshida_oshi27

    このように通りに入口が面してはいるものの、

    fujiyoshida_oshi28

    屋敷まではとても長いストロークがあります。

    fujiyoshida_oshi29

    ここも長いタツミチ。この先には『竹屋』がある。ちなみにタツミチがあるのは当初からある古い御師(本御師)の証拠であり、比較的新しい御師(町御師)は通りに面しているのが特徴です。

    fujiyoshida_oshi30

    さて、北口本宮冨士浅間神社にやってきました。ちなみにこちらでは“うかんむり”ではなく、“わかんむり”の【冨士】が正しいとのこと。巨大な杉がうっそうと茂っています。

    fujiyoshida_oshi31

    こちらの鳥居も、金鳥居のように大きいです。

    fujiyoshida_oshi32

    慶長15年(1610年)、富士講の開祖 角行東覚さん(かくぎょうとうかく:1541 – 1646年)が、荒行をしたという岩。69歳の身でありながら、極寒のなか裸で岩につま先立ちをし続けるという、なんでそのやり方を思いついたのかを聞いてみたくなる修行をしたそうです。

    fujiyoshida_oshi33

    長い参道を進むにつれ、次第に自動車の音が聞こえなくなります。

    fujiyoshida_oshi34

    また鳥居が現れました。こちらの看板(扁額というそうです)には、『三国第一山』の文字が書かれています。三国とは、中国・インド・日本を表していると言います。

    fujiyoshida_oshi35 fujiyoshida_oshi36

    このように、鳥居の柱を支える稚児柱のあるものは『両部鳥居』と呼ばれるそうで、神仏習合の名残とのことです。

    fujiyoshida_oshi49

    鳥居をくぐると、まず神楽殿が目に入ります。夏になると、こちらで薪能が行われるようです。

    fujiyoshida_oshi50

    欄間に干支があしらわれています。東面には、子・丑・寅がいます。

    fujiyoshida_oshi37

    七夕の時期ということで、願い事の書かれた短冊を付けられるようになっていました。

    fujiyoshida_oshi38

    みんな大好き、茅の輪くぐりもあります。正面の拝殿は、富士講の先達 村上光清さん(むらかみこうせい:1683 – 1759年)が私財を投じて作ったものであると言われています。

    fujiyoshida_oshi39

    脇から裏手に回ります。豪奢な拝殿の奥には、作りの小さな本殿があるのがわかります。

    fujiyoshida_oshi40 fujiyoshida_oshi41

    本殿の真裏には、伝説の名工 左甚五郎さんが作った大黒天さま、恵比寿さまが鎮座ましましています。勝俣さんによると、観光客はなかなかここには来ないとのこと。

    fujiyoshida_oshi42

    神社を通り抜けるように、富士山吉田口の登山道があります。

    fujiyoshida_oshi43

    重要文化財の西宮本殿。

    fujiyoshida_oshi44

    ここを通って登山に臨むことで、神様から守られている感じがしてきそう。

    fujiyoshida_oshi45

    毎年7月1日にはここで『開山祭』が行われます。

    fujiyoshida_oshi46

    諏訪神社。毎年8月26日に行われる鎮火祭(吉田の火祭り)で使われる神輿は、ここを出発します。

    fujiyoshida_oshi47 fujiyoshida_oshi48

    二基の神輿が、こうして展示保管されています。富士山型のものは“お山さん”、ノーマルタイプのものは“明神さん”と呼ばれているらしい。

    fujiyoshida_oshi51

    この碑が世界遺産登録の決め手になったのだとか。ここでガイドの勝俣さん別れ、食事をしたいと思います。

    fujiyoshida_oshi52

    勝俣さんにすすめられたふじ山食堂。にて、馬肉ではなく豚肉を使った『富士登山うどん』(600円)をいただきました。吉田うどん独特のコシのある麺。

    fujiyoshida_oshi53

    味噌ダレ付き。

    さて、今夜の宿の『御師のいえ 大鴈丸』(おおがんまる)に着きました。

    fujiyoshida_oshi54

    表通りにはカフェ風の立て看板。

    fujiyoshida_oshi55

    ヤーナ川って何でしょう?

    fujiyoshida_oshi56

    タツミチを進みます。

    fujiyoshida_oshi57

    屋敷の手前に水路が流れています。こちらがヤーナ川とのこと。

    fujiyoshida_oshi58

    富士講信者が御師の屋敷に入る時に、ここで身を清めたのだとか。

    fujiyoshida_oshi59

    ご主人の大鴈丸さんが出迎えてくれます。お若いです。かつては富士講の信者が泊まっていた御師宿坊を、複合型ゲストハウスとして2016年に復活させたとのこと。

    fujiyoshida_oshi60

    木工職人でもあるご主人が開設したショールーム『fugaku』と、カフェ&ゲストハウスエリアの『hitsuki』で構成されています。完全に余談なのですが、宿帳を記入しているとビックリ。僕はいま東京に住んでいるのですが、ご主人がかつて住んでいたエリアと〇丁目まで一緒とのこと。近所のスーパーですれ違っていたかもしれないと思うと、世間の狭さを実感します。

     

    fujiyoshida_oshi64 fujiyoshida_oshi65

    宿の中には、奉納札や装束などが資料として展示されています。

    fujiyoshida_oshi67 fujiyoshida_oshi68

    かつて使われていた配電盤。ご主人の木工作用場が別棟であるのですが、昔はそちらも宿舎として使われていて、その電源をここで管理していたのだとか。

    fujiyoshida_oshi69

    fujiyoshida_oshi70

    規模は縮小されたとのことですが、“御神前”も残っています。

    fujiyoshida_oshi66

    こちらはカフェ。

    fujiyoshida_oshi61

    奥様が腕を振るうカフェおやつも本格的。現在、日曜日と月曜日のみのオープンとなっているようです。

    fujiyoshida_oshi62

    fujiyoshida_oshi63

    fujiyoshida_oshi71

    お風呂場は男女兼用のようです。

    fujiyoshida_oshi72

    真新しい木目が印象的な脱衣所。

    fujiyoshida_oshi73 fujiyoshida_oshi74

    バスアメニティもひと通り揃っていますよ。

    fujiyoshida_oshi75

    トイレも新しくて清潔です。

    fujiyoshida_oshi76

    fujiyoshida_oshi77

    大所帯の講社でも泊めることができる広さです。

    fujiyoshida_oshi78

    fujiyoshida_oshi79 fujiyoshida_oshi80

    薪がたくさん。

    fujiyoshida_oshi81

    fujiyoshida_oshi82

    個室。クーラーはありません。もちろんコンセントは完備。ヤーナ川の水の流れを聞きながら眠れます。

    fujiyoshida_oshi83

    天井の板が新しいですね。御師住宅の風情を活かしつつ、ところどころリノベーションされているようです。

    fujiyoshida_oshi84

    宿泊料金は4,200円。ドミトリータイプだと3,500円になるようです。歴史に興味のある人は、ぜひ泊まってみるといいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

     よく読まれている記事