【インド富士子】高円寺サブカルシーンの一翼を担うカレー!

 2017/06/29  2018/05/01

古着や雑貨、ライブハウスなど、多くのサブカルチャーで組み立てられた街、高円寺。線路沿いのインド料理屋『インド富士子』も、そのピースのひとつに思えます。


高円寺インド富士子

2階のレコードショップ『円盤』も興味深い。

高円寺インド富士子カレー

フィッシュとチキンの2種盛り(1,000円)を注文しました。

インド富士子フィッシュとチキンの2種盛り

見た目のインパクトが、味への好奇心を助長します。紫キャベツのアチャールとパクチーが乗っています。

インド富士子フィッシュカレー

左がフィッシュカレー。魚はブリを使用とのこと。家でも今度作ってみたいと思います。

インド富士子シャバシャバカレー

まごうことなくシャバシャバ。

インド富士子チキンカレー

右がチキンカレー。こちらは白い。

インド富士子2種盛り

交互に味覚の変化を楽しみながら食べられるのが、2種盛りの醍醐味ですよね。どう違うのかを説明できない、舌の幼さよ。

インド富士子バスマティライス

硬めに炊かれたバスマティライス(インディカ米)が、シャバシャバカレーにベストマッチ。ジャポニカ米も混じっているように見えます。ディナー時間帯でもカレー注文可。良い雰囲気の影絵が印象的なお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。