瞳孔、閉じました

 雑記 2015年4月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • doukou

    先日眼科に行ってきて、初めて散瞳検査をしました。目薬を使い瞳孔を開いての検査だったのですが、家に帰ってもしばらく開きっぱなしでした。その夜にようやく瞳孔が小さくなってきて、次の日の朝にはちゃんと元に戻っていてほっとしました。


    さしあたって治療が必要というわけではなく安心しましたが、診察前は先生から「加齢黄斑変性です。」って言われるんじゃないかと思ってドキドキしていました(症状が似ている)。体は同年代より若いと勝手に思っていたので、もう少し目を大事にしようと思いました。

    それはそうと、あの大人気番組「夢、叶えるために…」(青汁飲む番組)にあの大村崑さんが出ていました。「もう大半の夢は叶えただろ」と言いたくもなりますが、大村崑さんて昔からあのままですよね。「あなたっていくつなの♪」ってCMに起用されてもおかしくないし。いつまでもあのように若々しくありたいものです。これからもご自愛ください。

    コメント

    • にゃーん!にゃんこかわいいですね!私は昼夜逆転生活のため、日の出から日没の少し前までぐらいは眩しくて対処のしようがない状態です(笑)。瞳が針のようになった状態のままになっています。今のところ緑内障と白内障の気配は
      無いものの、それも時間の問題かな、とは考えています。

      関西人がお嫌いな管理人さんにはキツいと思われます、
      兵庫県神戸市在住の40歳より。

      2015年6月21日 6:20 PM | 国道774号線

    • 国道774号線さん

      コメントありがとうございます。
      関西人を目の敵にしている訳ではないので、お手柔らかにお願いします(笑)
      徹夜明けで太陽の下に出ると“グワン”としますよね。
      僕の診断の事ですけれど、『バリバリ働いている人に起こりやすい病気らしい』というネット情報がありましたので、なんだか少し嬉しく感じました。
      『ニートがなる病気だよ』とか書かれてたらどうしようかと思いました。
      働いていると何かしら削られますよね…

      2015年6月23日 1:28 AM | ヒローキ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

     よく読まれている記事