予備知識をほぼ持たずに御岳山に行ってみた

 登った 2014年9月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ロックガーデン周遊(七代の滝・天狗岩・綾広の滝)

    やっと山道らしくなってきました。

    100

    しばらくすると長尾茶屋があります。

    101

    ここに長尾平とロックガーデン・七代の滝と奥の院への分岐があります。ロックガーデンを目指して下って行きます。

    102 103

    下って行くということはその分登りがあるということです。下る分だけ憂鬱になりますが、それも自然のことわり。標識を信じて進みます。

    104 105

    レンゲショウマは見つけられませんが、虫食いのタマアジサイはそこかしこにありました。

    107

    足元が次第にちゃぷちゃぷしてきました。このスニーカーじゃ染み込んでくるかもしれません。

    110

    滝が見えてきました。スリップに気を付けながらベストスポットへ。

    112

    七代(ななよ)の滝。織田無道がかつて滝行をした伝説が残っていても不思議ではない位の名瀑。

    111

    近くに行けばミスト状の飛沫が舞っていて、気持ちが良いです。

    114

    もちろん圏外。長尾茶屋あたりからずっとです。

    あれ、ロックガーデンは…?滝は滝でいいんですけどロックガーデンへ行きたかったので、先程の長尾茶屋の分岐まで戻りました。50分かけて往復してきた格好です。

    ロックガーデンへの道ではロックガーデンへ行けなかったので、奥の院への道を進んでみることにしました。見ているとそっちへ進む人がどうやら多いかなというのが決め手ですが。

    116 117

    もう迷わない!標識と分岐が現れて、左への道を選んで進んで行きます。するとその先に妙な合流地点があり、そこで合点。

    118

    合流地点の標識。階段下へ行くと七代の滝と標識は示しています。どうやら七代の滝から戻る途中でロックガーデンへショートカットが出来る急な鉄はしごがあったようです。僕はそれを見逃してしまったようで、大きなロスをしてしまったというわけなのです。一度通った地点まで戻るというのは精神的に痛い。

    120

    気を取り直して進むと、御岳山の名勝と呼ばれる天狗岩に親子連れがチャレンジしていました。

    それを横目に下って行くと、やっとロックガーデンの領域へと入ります。

    122

    苔むしてる~。中学の時の話ですが、美術で木彫の鍋敷きを作る授業があったんですね。植物を題材にするにあたって、みんなが桜の花とかにする中、コケを彫るほどコケが好きな僕にとってはまさに至福。

    123 124

    すこぶるいいですよ~。

    125

    濡れるというより滑りそう。

    127

    ひんやり。

    128

    休息ポイント。

    131

    ジャバー。

    132

    放置されているのか、汚れたテントがありました。

    133

    こちらは綾広の滝。

    135

    大岳道へぶつかるところでロックガーデンは終了します。長尾茶屋からの周回コースになっていて人も多いので安心ですね。

    138

    次々と追い越して行くトレランの人々。

    140

    右側は崖。

    141

    たまに木々が途切れて開けた箇所があります。

    142

    『天狗の腰掛け杉』なる看板がありました。天狗伝説多くないですか?

    143

    「天狗、腰掛け過ぎ~!」

    145

    そんなこんなで三度、長尾茶屋に戻ってきました。結構、脚にきてます。コース一周に90分を要しました。

    147

    帰りはケーブルカーを迷わず選択。

    149

    タマオ…

    150 151

    御嶽山駅から滝本駅まで。ケーブルカーは一時間に2・3本出ています。

    152

    三福だんご(300円)とのこと。この販売キットごと家に持って帰って、心ゆくまで焼きまくりたいですね。

    155

    IC運賃の設定はありません。

    156 157

    乗車率100%越えです。そういえば上では自転車もペットも見かけませんでした。

    158

    帰りはバスも利用します。

    159 160

    スニーカーでも全然大丈夫でしたが、転んで脚を擦りむくかもしれないので長ズボンをオススメしておきます。

    161
    滝本駅前には朝は無かった即席の売り場がありました。奥多摩名産のわさびを使った常備菜が売られていました。僕が物欲しそうに見ていたからではないと思いますが試食を頂きました。

    162

    そこにちょうど、おばちゃんの団体がやって来て試食をもらってて、「これ下の(ポテチ)も食べれるの?」と聞いていました。わさび漬けだけ舐め取ってポテチを捨てるって発想が無かったので思わず噴きました。

    163

    神社までならコンビニ行くような格好でも大丈夫だと思います。その先のロックガーデン方面まで足を運ぶなら、冬にコンビニ行くくらいの装備は必要かもしれません。紅葉シーズンは混むんでしょうね。

    1 2 3 4

    コメント

    • 8月16日、台風はまだ来ないようなので、レンゲショウマを見に行こうと思い立ち、、このサイトを見せていただきました。写真が入り、分かりやすく大変役に立ちました。ロックガーデンは何時も横目に見て通り過ぎておりましたが、今日は余裕があれば行ってみようかと思います。暫くぶりにハイキングシューズを履いて
      65歳の単独行ですが、行ってきます。

      2016年8月16日 10:12 AM | 小林 佐知子 (コバヤシ サチコ)

    • 小林 佐知子さん

      コメントありがとうございます!
      今日行くんでしょうか?
      雨予報が出ているようですので、十分お気をつけてお出かけくださいませ。
      ロックガーデンコースは2~3時間かかると言われておりますので、
      武蔵御嶽神社に着いてから判断されると良いかと思います。
      でも、ただでさえ日の当たらないコースなので、仰る通り余裕がある日に
      足を踏み入れるのがベストと思います!

      2016年8月16日 11:06 AM | ヒローキ

    • 武蔵御嶽神社にまつわる小説を読んでいて、深夜「この神社はホントに実在するのか?」と起きだし、九州に住んでいるので半信半疑の検索でした。
      ホントにありましたね御嶽神社、来年6月中野で所用がありますので訪ねてみたいです。
      私も72歳の爺さん単独行ですがバスには乗らずに渓谷を歩いてみたいです。
      ナントカ壮とか民宿にでも泊り、ロックガーデンコースで御嶽山に登りたいのですが、日頃のウオーキング程度のたいりょくでも大丈夫なんでしょうかね。

      2016年12月21日 3:03 AM | 戸崎 瑛臣

    • 武蔵御嶽神社にまつわる小説を読んでいて、深夜「この神社はホントに実在するのか?」と起きだし、九州に住んでいるので半信半疑の検索でした。
      ホントにありましたね御嶽神社、来年6月中野で所用がありますので訪ねてみたいです。
      私も72歳の爺さん単独行ですがバスには乗らずに渓谷を歩いてみたいです。
      ナントカ壮とか民宿にでも泊り、ロックガーデンコースで御嶽山に登りたいのですが、日頃のウオーキング程度のたいりょくでも大丈夫なんでしょうかね。

      2016年12月21日 3:04 AM | 戸崎 瑛臣 (とざきひでおみ)

    • 戸崎さん

      コメントありがとうございます!
      宿に泊まるのでしたら、あまり混んでいない朝の時間帯とかも
      楽しめそうでいいですね。
      普段ウォーキングされてるんでしたら、問題ないかと思いますよ。
      御嶽駅を降りてから武蔵御嶽神社までは舗装路でした。
      ただ、ロックガーデンの領域は、滑りやすそうな岩場とか、丸太を
      くくったような橋を渡らなければいけなかったので、足元に
      注意が必要でした。
      ぜひ、楽しい東京滞在にしてください!

      2016年12月22日 12:11 AM | ヒローキ

    • 2017/06/24 写真や説明が分かりやすくて1人でもいけそうです。いつもは、河原に降りて大岩の上で寝転んで、多摩川とその向こうの山を見ているます。河原に降りる道は懐かしかったです。近日中に登ってみます。キム

      2017年6月24日 10:00 PM | きむ 

    • きむさん

      コメントありがとうございます!
      これからの季節は、レンゲショウマやタマアジサイも見頃でしょうね。
      高尾山ほどではないですけど、人も多く安心なので僕も好きな山です。
      お気をつけて行ってらっしゃいませ!

      2017年6月25日 2:09 PM | ヒローキ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

     よく読まれている記事