【お礼参り】結願の報告で高野山へ!無量光院の宿坊に泊まった

 2018/01/02  2018/11/03

無量光院スリッパ整頓

お寺の方、ありがとうございます。

無量光院朝の廊下 高野山無量光院廊下

建物づたいに本堂へ。

無量光院中庭

朝のお勤めは撮影が出来ませんでしたが、なかなか興味深いものでした。

無量光院本堂

護摩木を焚いて炎が上がるところなんかは、一般的な宿坊ではまず見ない光景。修法されてたのは、メディアでも有名なスイス人僧侶の方でした。ちなみに参加者のほぼすべて(?)が個人客でしたが、20~30人くらいはいました。人気のある宿坊なんですね。

無量光院宿坊玄関 高野山無量光院玄関

宿坊玄関。

無量光院タヌキ出没注意

タヌキ出没注意。

無量光院玄関通路 高野山無量光院通路

廊下。

無量光院コンセント

部屋に戻ると、ちょうど小僧さんが朝食を運びに来ていました。

無量光院朝食

気になることをいろいろ聞いてみました。

すいません!あの、聞いてもいいですか?
あ、はい

持ち上げかけた膳を置いて、正座をする小僧さん。

このお寺には若者のお坊さんが多いようですけど、どうしてですか?
えっと、僕たちは“てらせい”としてこちらに住み込みさせてもらいながら、高野山高校に通っています。
えっと、“てらせい”ってなんですか?
お寺の寺に生徒の生で“寺生”って書くんですけど、高野山高校の生徒の中でも、お寺のお手伝いというかそういうのをしながら学校に通っている人のことです。
へぇ~、ほかにはどんな学生がいるんですか?
ほかには寮に住んでる“寮生”と、普通に家から通う“通学生”がいます。ほとんどがそっちです。
そうなんですかー。ちなみに、無量光院さんに決めたのは何か理由があるんですか?
そうですね、そういうご縁があってという感じです。

なるほど、住み込みの学生さんだったんですね。お仕事中断して話してくれて、ありがとうございました。しっかりしてるわ。僕が高校生の時はこんなに慎み深くなかったです(笑)。

無量光院精進料理朝食

朝食。

無量光院割り箸袋

食時の観念。

いろいろお世話になりました。

無量光院正門

あーそうそう、昨夜も気になっていたんです。こちらの桶と植物。

無量光院馬盥 無量光院杉盛

調べてみました。桶の正式名称は『馬盥ばだらい』といい、手を清めたり、馬に水を飲ませていたタライが由来とか。宿泊した大名が乗っていた馬も、これでのどの渇きを潤したのでしょうか。

そして、植物の正式名称は『杉盛すぎもり』といい、インターネットには結界を表しているとも、清めた手をぬぐうためとも書かれていました。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。