スーパーで目撃した出来事

 雑記 2014年10月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 僕はスーパーで真空パックの加工肉を買う時、重量の多いものを探して買います。値段が一緒ならグラム数が多いものを選ぶというのが消費者心理というものです。貧乏くさいですが、みなさんだってそんなものでしょう。「むしろ身が締まっている証拠」とか言いながら、あえて軽いものを選ぶ余裕を持ちたいものですけどね。

    こないだ野菜売り場で目撃したんです。いや、万引きとかの話ではありません。一般客と思しき一人のおじさんが箱売りトマトの前で腰をかがめていました。何をしているのかをそっと見ていると何と!箱の中のトマトを入れ替えて、大きめトマトの箱を創り出していました!一瞬『えっ?』と思い、僕は見て見ぬふりをしました。ですが、大きめトマトの箱が仕上がるということは、小さめトマトの箱も生まれるということ。もし自分が知らずにそれをつかまされていると思うと、何だか無性に腹が立ってきました。

    箱というのはもちろん天面の無いダンボール製のやつです。パックのものじゃなく、線引きが曖昧な箱のものを選んで事に及ぶあたりには、もはや「やるなお主!」と言わざるを得ませんね。あやうく、うしろで「つるセコ~~!!」って言いながらズッコケるとこでしたもん。そこで不安になったんですけど、グラム数多いものをひっぱり出して買うのって問題ないですよね?いや大丈夫なはず。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

     よく読まれている記事