Gmailの「ファイルを添付しましたか?」

 2014/01/24  2017/09/16

Gmailを使っている人なら経験があるかもしれません。本文で「添付」という言葉を書いておきながら実際に添付していないと、次のようなメッセージで警告してきます。

a


「ファイルを添付しましたか?」
おお~!
僕は大事なメールであやうく添付をし忘れて送信しそうになった時に、この機能に助けられました。「添付」というワードが入力された時に、添付されているデータの有無をチェックしています。

では、「添付」意外にどの言葉でアラートが発動されるのかを試してみました。

b

「添付」の英語訳「attachment」、やはりgoogleはアメリカの企業なので設定されていてもおかしくないでしょう。

「アタッチメント」とカタカナで試してみたところ、「アタッチ」でひっかかりました。

c

逆にひっかからずに送れてしまったワードがこちらです。

てんぷ
あたっち
添附
添加
付け添え
貼付
貼り付け
attach
append
ファイルを付けます
付属
付加
アタックチャンス
アパッチけん

なんだかこの作業をしていたら、昔ドラクエで命名神の怒りにふれたことを思い出しました。

このワードはNGかな?うわ、ダメだ。じゃあ関西弁ではどうかな。これもダメかー。こんなのまでプログラムされてるんだ、すげーなドラクエ。

抽象的な表現に終始してしまいましたが、とにかくGmailすげーなということです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。