鍋割山に登るなら鍋割山荘に泊まったほうがいい

 登った   2016年5月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • nabewari000

    かねてから行きたいと思っていた鍋割山【なべわりやま:標高1,272 m】に登ってきました。山頂の鍋割山荘では山小屋メシとして“鍋焼うどん”を提供していて、これを目指して鍋割山に登る人も多いようです。今回はその鍋割山荘に宿泊して、ともに表丹沢の一角をなす塔ノ岳にも足を伸ばしています。『ボッカの鉄人』にも会ってきました!


    ※鍋割山荘のレポートにジャンプするには
    こちらをクリック

    今回は新宿駅からスタートします。小田急小田原線で渋沢駅まで行き、駅前からバスに乗って登山口の停留所まで向かいます。

    nabewari001

    主要登山口である『大倉』には駐車場があります。車で行けるのであれば、電車が動き出す前から登山を開始できるので混雑を回避できます。

    タイトルにあるように、なぜ鍋割山荘に泊まった方がいいのかということですが、僕自身が“山小屋の雰囲気が好き”というのがひとつの理由です。(この小屋がまた良かったのですが、それはのちほど)

    もう一つの理由として、一泊することで時間に余裕ができ、結果的に混雑を回避できます。

    nabewari003 nabewari002

    渋沢駅改札前にはOdakyu OXがある。営業時間は9:00~23:00。

    先ほどから「回避回避」と言ってきましたが、とても人気のある山なので休日は混み合います。

    nabewari004

    改札から北口ロータリーに出ればこれから登る山々が確認できる

    3日ほど前に宿泊予約のために山荘の公式HPにある固定回線に電話を入れました。留守電になったのでメッセージを残しておきましたが返信がなかったので、携帯番号にかけて宿泊予約をしました。その際、「15時までには着くように来てください。雨などでキャンセルする際は連絡ください。」などの留意点をいくつか確認しました。

    nabewari005

    さて、渋沢駅北口のバスのりばに着きました。バスの時刻表上は6:48が始発ですが、その前の便もあります。というのも、状況によって臨時バスも出ているようなのです。

    nabewari006

    日帰り登山を予定していると、どうしても朝一で大倉から出発したいところ。みんな同じことを思っているため、朝のバスは混みます。

    nabewari007

    写真は、11時ごろの大倉行きのバス車内

    15分ほどで大倉に到着します。

    nabewari008

    大倉、標高290mです。

    nabewari009

    このどんぐりハウスでまず準備を整えましょう。

    nabewari011

    隣には神奈川県立秦野戸川公園の大倉駐車場があります。開場時間は8:00~21:00です。日帰り登山なら大いに使える駐車場です。8時よりも前に登り始めたい人には、道路を挟んだ向かい側に24時間やってる駐車場があります。

    nabewari194

    Googleマップのストリートビューよりキャプチャ

    しかも、平日は最大で500円、土日祝日は最大で800円の安さ。いや、県立の方が高いと言うべきでしょうか。

    nabewari012 nabewari013

    大倉はこの辺りの一大拠点となっているようです。

    nabewari016

    秦野ビジターセンター

    nabewari014 nabewari015

    三ノ塔(1,205.2 m)へ行くときは、この風の吊り橋を渡ります。登山届を出して出発しましょう。

    nabewari017

    さて、僕は今日はこんなルートで登ってみようと思います。大倉から西山林道を通って二俣へ。鍋割山からは鍋割山稜に沿って塔ノ岳への縦走。そこから金冷シまで引き返して、大倉尾根を下ります。

    nabewari018

    登山開始~大倉から二俣

    nabewari019

    さっそく最初の立て札が。

    nabewari020

    右は塔ノ岳、左は鍋割山。上で縦走できます。

    nabewari021 nabewari022

    たまに住民とすれ違います。生活域と登山道がかぶっていると大変そう。

    nabewari023 nabewari024

    たまに出くわす無人販売所。キャベツ2個で100円は安いので、買って登ろうかなと思いました。

    nabewari025

    オンロードはここまで。

    nabewari026

    民家の脇のオフロードを通ります。

    nabewari027 nabewari028

    だからすぐそこが鹿の生息域だったりするんですよ。

    nabewari029 nabewari030

    立て札が要所ようしょにあるので、日中なら迷うことはないと思います。

    nabewari031 nabewari032

    鳥のさえずりもまた景色の一部ですね。

    nabewari033

    あと7.0kmの文字。緩やかな傾斜の登山道を進んでいます。

    nabewari034 nabewari035

    次第に水の音が遠くで聞こえるようになってきました。

    nabewari036

    丹沢といえば水源。何年か前にサントリー・モルツの使用水であることを売り文句にしてましたもんね。

    nabewari037

    送電線の鉄塔。ということは水力発電でしょうか。

    nabewari038 nabewari039

    ここは西山林道らしいです。

    nabewari040 nabewari041

    西山林道を外れる形ですが、黒竜の滝へ寄り道します。時間に余裕があるので行ってみましょう。

    nabewari042

    階段の途中でゾウムシを発見しました。

    nabewari043

    東屋もありますが人が使った形跡が見受けられません。

    nabewari044 nabewari045

    こういうあまり人が行かなそうなところにも立て札があって、道も整備されています。こころなしか立て札が苔むしています。

    nabewari046

    黒竜の滝。まー滝っちゃ滝だよなぁ、という感じです。

    nabewari047

    滝まで下りてくるだけで、びっくりするほど人の気配がなくなりました。いったん引き返します。

    この先に進めば、さらに四十八瀬川、芝生の広場へとつながるようです。

    nabewari195

    分岐にある看板

    最終的には鍋割山にも通じているみたいです。しかし、アブラチャンの森とか笹地の森とか、深そうな森だなあ。

    黒竜の滝への往復は20分ぐらいだったかと思います。

    nabewari048 nabewari049

    さあ、再び山頂目指して歩きましょう!

    nabewari050

    黒竜の滝分岐から少し歩くと、向かいに通行止め、後ろ側にも通行止め、みたいな場所に出ます。

    nabewari051

    必然的に看板の指し示す右上の方へ歩を進めます。

    nabewari052

    ただ、雨など降ってなかったはずなのに、道の上からさらさらと水が流れてきてます。ちょっとした川、さすが水源。

    nabewari053

    山道に突然、銅像が見えてきました。

    nabewari054

    山道の脇に少し広場っぽくなっていまして、奥の方に銅像が鎮座ましましています。

    nabewari055 nabewari056

    尾関広氏の像とのこと。誰だよ、メガネかけたの。

    nabewari057 nabewari058

    距離でいえば半分ぐらいは来ているはずですが、一向に登っている感じがしません。大倉から鍋割山頂まで1,000mはあるはずなのに。

    二俣から鍋割山頂

    nabewari059 nabewari060

    二俣に到着。ヤマビルに注意。

    nabewari061

    ちっちゃな橋を渡ります。

    nabewari062

    V字に切り返す形で、小丸を経由したルートへの分岐があります。

    nabewari063 nabewari064

    こんなおだやかな登山道が、いつまでも続くはずがありません。

    nabewari065

    ペットボトルが山と置かれた地点に到着します。ここからが登山本番です。

    nabewari066

    水が入ったこのペットボトルを担ぎ上げて山小屋に届けてほしい旨が書かれております。そう、鍋割山名物の“ボッカのボランティア”です。せっかくですから、僕も力の限り担ぎ上げます!

    nabewari067

    ザックに入るだけ持っていきたいと思うのですが。ここの立て札によると、あと2.4kmだし…。大丈夫でしょう。計3本、8リットル弱を持って行きます!

    nabewari068

    大五郎サイズをバッグに詰め込む時に一瞬ためらいもありました。しかし、100kgの荷物をあげるボッカさんもいると聞きます。これしきで音を上げるわけにはいかないですよね。張り合ったところで足元にも及びませんが、担ぎ上げたときには達成感が待っていることでしょう。

    nabewari069

    ここからは途端に険しくなります。石がゴロゴロと重なる道の上から水がジャバジャバ流れてくる箇所を登るんです。風雲たけし城かっての。

    nabewari070

    100m進んだところで、さっそく肩に食い込んでくるザックにびっくりしました。

    nabewari071

    こんな道を重荷を背負って登る自信がない方は、ペットボトルを持っていく必要はありません。あそこで僕が見ていた感じでは、持って行かない人の方が全然多いです。

    nabewari072

    フラフラしながら登ると危険ですからね。

    nabewari073

    後沢乗越まで来ました。黒竜の滝を進んでいくと、栗ノ木洞を経由してここで合流できるみたいです。

    nabewari074

    登山の準備の時って水分をどれだけ持って行くか悩みますよね。なるべくたくさん多くザックに詰めたいけど、重すぎると疲れるし。ザックを軽くしたいけど、水が途中で尽きると後悔しそうだし。

    nabewari075

    その中で最大公約数を探っていくわけですが、これはボランティアなので見返りがありません。

    nabewari076 nabewari077

    ま、人生というのも苦しみという重荷を背負って登り続ける山道ですからね。せめて自分の中でイベント化して、楽しく運びたいものです。

    nabewari078

    草むらからトカゲが現れました。

    nabewari079

    ニホントカゲかと思われます。

    nabewari080

    <鍋割山稜10>の立て札が出たら、ラストスパートです。(頂上は<鍋割山稜11>)

    nabewari081

    10段登ってひと休み。ひと休みしてまた10段。

    nabewari082

    人工物が見えてきました。鍋割山荘の太陽光発電設備です

     

    鍋割山頂 散策

    nabewari083

    ついに山頂到着!

    nabewari084

    鍋割山荘。鍋焼うどんののぼりがはためいていますね。

    nabewari085

    ここでペットボトルを用意されているポリタンクに移し替えてボッカ終了です!小屋のスタッフの方が「ありがとうございます。重かったでしょう。」とねぎらってくれました。正直、最悪の場合、水なんだから途中で捨ててもいいかと思っていましたが、自己完結できてよかったです。

    nabewari088 nabewari089

    山頂標識と山頂方位盤。

    nabewari090

    そうこうしていると、後続の人々がどんどん上がって来ます。

    nabewari091

    天気が良ければ富士山が望めます。みんな特等席に陣取ってうどんを食べています。

    nabewari092

    5月なので雪が残っているかな。

    nabewari093 nabewari094

    これが鍋割山の三角点です。ロープで囲まれたエリアにありました。

    nabewari095

    ミリンダグレープの空き缶。落ちているごみでさえ、時代を感じますね。元の場所にそっと戻しました。

    nabewari086 nabewari087

    トイレはチップ制です。100円を用意しましょう。

    僕は宿泊予約をしていますので、鍋焼うどんの注文でてんやわんやな受付が落ち着いた頃合を見て手続きをしてもらいます。

    奥様から許可をいただいてのアップです。

    nabewari096

    今日の宿泊者は僕を入れて4人とのこと。意外と少ない。小屋主さんに就寝場所を案内をしてもらいます。

    nabewari097

    いわゆる屋根裏のような場所です。ザックを先に上げて、はしごを上がります。

    nabewari098 nabewari099

    この秘密基地にいるようなワクワク感も山小屋の醍醐味ですね。

    nabewari100 nabewari101

    上は上でまた別の空間といった感じです。もちろんドアなど遮るものはないのですが、なんたって今日は客が少ないですからね。人目が気になることもないでしょう。

    さて、荷物を置いたら小屋内を探索しましょう。

    nabewari102

    夕食に鍋焼うどんは出ないそうなので、せっかくなので僕も注文してみました。夕食までまだ時間もありますし。

    nabewari103

    鍋割山名物 鍋焼うどん(1,000円)。疲れた体に、この甘めのダシが染み渡りますね。この具材を毎日休まず運び続けているのだそうです。山小屋相場だと、2,000円近くしてもおかしくないと思います。

    寒くなってきたので小屋内に持ち込んで食べることに。

    nabewari104

    草野さんが下山するタイミングだったので写真を撮らせていただきました。

    nabewari105

    毎日のボッカは9,500回を超え、来年には10,000回を迎える予定だそうです!「死ななければの予定だけど。」と笑っていました。衣笠も真っ青の鉄人ぶりですね。明日もまた、箱いっぱいの食材を積んで登ります。

    nabewari106 nabewari107

    注文の仕方の貼り紙は常連客が書いてくれたんだそうです。

    nabewari108 nabewari109

    Ovationはじめ数本のギターが無造作に置かれていました。

    nabewari110

    書棚は山に関する本がほとんど。

    nabewari111

    小屋内を撮影しているとあっという間に時間が過ぎて、17時前には夕食となりました。熱した石か豆炭か、こたつの中に入れてくれました。春とはいえ山頂はまだまだ寒いので、この温みがとてもうれしい。

    nabewari112

    うな丼

    草野さんの奥様(女将さんと言うべきでしょうか)と、スタッフの方と、宿泊客4人で食卓を囲みます。

    nabewari113 nabewari114

    おでん、天ぷら、フルーツのオードブルもありました

    あの小屋はどうだとか、そういう話で会話は弾みます。スタッフの方も旅慣れているので、おすすめの山とかも教えてくれますよ。

    印象に残った女将さんの言葉。「あのね○○ちゃん、息が切れたときは、空気を吸うんじゃなくてまず吐くの。悪いの出し切ったら、自然と新しい空気が入ってくるから。」案外、深いかもしれないなと思いました。

    nabewari115

    夕食を食べ終わった後もずっと話し続けて、時刻は消灯の21時を迎えました。実に楽しい時間でした。

    nabewari116

    明日は6時に朝食の予定です。

    ページ: 1 2

    コメント

    • はじめまして。草野さんの奥さまはお泊りになられているのですね。

      奥さまとは随分前にお話をさせていただいたことはあるのですが、お元気そうでなによりでした。
      僕も一度は泊まってみたいのですがなかなか機会がなくて…。

      2016年11月5日 4:53 PM | もり

    • もりさん

      コメントありがとうございます!
      奥様は今でも山登りされているようでしたよ。
      毎回泊まり込んでいるわけではないとのことです。
      他の宿泊客の方は常連だったんで、最初は緊張していたんですけど、
      奥様とスタッフの方のおかげですぐに楽しい時間になりましたね。

      2016年11月6日 11:48 PM | ヒローキ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

     よく読まれている記事