はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり

 2016/10/01  2018/05/19

お遍路はじめました!今年2016年は60年に一度の“丙申のうるう年”。逆回りにお遍路をするとご利益がMAXの年なのだとか!今回は初めてということもあり、1番のお寺から順番に回ります。“歩き”と“自転車”で!

阿波国(徳島県)1番~23番 → 2016年8月巡拝
土佐国(高知県)24番~39番 → 2016年9月巡拝
伊予国(愛媛県)40番~65番 → 2016年12月巡拝
讃岐国(香川県)66番~88番 → 2017年4月巡拝

 

お遍路を始めようと思っていらっしゃる方の中には、定年退職された方、休暇中の学生など、立場はさまざまでしょう。かくいう僕は東京でフツーに週5で働いており、四国各所に散らばる88の仏閣を一度の休暇で回るなど到底不可能です。そこで、何度かに分けて回る“区切り打ち”をすることにしました。

予定としては夏(お盆)、秋(シルバーウィーク)、冬(年末年始)、春(ゴールデンウィーク)にそれぞれ、徳島県、高知県、愛媛県、香川県をまわろうという算段です。ちなみに、これを“一国打ち”と言うそうです。

これから一年の各休暇を、霊場巡りに充てることに決めましたので、どうぞお付き合いください。

↓↓↓エントリ鋭意編集中↓↓↓
はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “発心の道場” 徳島編 1日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “発心の道場” 徳島編 2日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “発心の道場” 徳島編 3日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “発心の道場” 徳島編 4日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “発心の道場” 徳島編 5日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “発心の道場” 徳島編 6日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “発心の道場” 徳島編 7日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “修行の道場” 高知編 1日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “修行の道場” 高知編 2日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “修行の道場” 高知編 3日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “修行の道場” 高知編 4日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “修行の道場” 高知編 5日目 はじめての四国八十八ヶ所霊場めぐり ~ “修行の道場” 高知編 6日目

東京・札幌連絡きっぷ“パシフィック・ストーリー”で、さんふらわあに乗船してきた

 2016/06/09  2019/01/21

飛行機での帰省にも飽きてきた今日この頃。LCC以外で、できるだけ安く、東京から札幌に行きたい…。そこで今回の帰省に、フェリーのお得プランを使ってみることにしました。

1 2

成田⇔新千歳 行きはバニラエア帰りはジェットスターで乗り分けてみた

 2016/02/18  2018/05/01

先日北海道に帰省してきました。以前、成田⇔新千歳 行きはジェットスター帰りはバニラエアで乗り分けてみたというエントリを書いたのですが、あれから2年ほど経って状況も変わっていると思い、LCCを利用したことを再びしたためたいと思います。

中央林間ってどんなところ?

 2015/12/20  2019/01/22

渋谷駅を利用するとよく目にする“中央林間”の文字。毎日のように見ている人でも、実際に中央林間へ行ったことがある人はあまりいないのではないかと思うのです。(中央林間から乗ってくる人以外は)

しかし、そこは空想上の都市でも、修羅の国でも、幻の大地でも何でもないんです。ですから気になったら行けばいいのではないでしょうか。まさに乗って来てくれと言わんばかりの行き先表示。

1 2 3

成田⇔新千歳 行きはジェットスター帰りはバニラエアで乗り分けてみた

 2014/03/07  2018/12/29

<注意!>2014年3月時点での情報です。現状と違う場合があります。

先日北海道に帰省した時にLCCを利用してみたのですが、せっかくだからジェットスター・ジャパン(GK)とバニラエア(JW)の2社に乗ってみることにしました。

さらに東京駅成田空港間を、行きはTHEアクセス成田、帰りは東京シャトルで乗り比べてみることにしました。

比較記事を銘打っているわけではないので大した情報はありませんが、実際に現場で気になったことをここでは書いていこうと思います。

小倉焼うどん、せっかくだから発祥の地へ

 2013/10/14  2017/09/16

1

この日は 北九州市の小倉駅に来ました。せっかくだから小倉名物の「焼うどん」を食べておきたいなと思うのが旅の情緒というものでしょう。あなただってそうでしょう?生命の危機に瀕してない限り、マックで済ませるとかもったいないと感じるでしょう?そこで、駅の観光案内所で冊子をもらって来ました。