Facebookの「アカウントの安全確認にご協力をお願いします」に協力したら見事にBANされたよ

 2018/02/17  2018/05/01

とある管理上の理由から、Facebookのアカウントを作成しました。しかし、ほどなくログインが出来なくなり、以下のメッセージが表示されました。

アカウントの安全確認にご協力をお願いします

最近、あなたの広告アカウントで、通常とは異なるアクティビティが見られました。そこで、あなたと他の利用者の安全を確保するため、あなたをFacebookからログアウトさせました。
アカウントの利用を再開するためのステップを完了してください。


「あなたと他の利用者の安全を確保するため、あなたをFacebookからログアウトさせました。」
…ありがとうございます。とはならないですよね。

運転免許証を撮って、アップロード。

※画像には目線は入っておりません

写真の確認が終わったらご連絡いたします。セキュリティ措置として、あなたはFacebookからログアウトとなります。
素直に従ったらこの仕打ちて!まあ従うしか道はないんですけども…。なんだか人質に取られたような気分です。

その間も、僕の元には『知り合いかもメール』が届きます。

誰やねん!のオンパレード。もう笑うしかない。

丸1日ほど間隔を空けてアクセスしてみると、

Sorry,something went wrong.

何か謝っているようです。翻訳してみると、

申し訳ありませんが、何かが間違っていた
とのこと。この文言はエラー画面で表示されるもののようですが、見方によっては「あなたにチャンスを与えた私たちが間違っていたようです。」ともとれます。これを見たとき思わず「俺をなめんな!」って言いそうになりました。

ログインを試みたときには、すでにアカウントが停止されていました。ヘルプセンターのリンクがあるので、異議申し立てができるのかもしれません。でもそこまでする価値があるのか?という気がします。

そもそもFacebookのアカウントを作成したのは、サイトの常時SSL化に際しての対策にすぎません。常時SSL化するとサイト記事のこれまでのFacebookのシェア数が0になるのですが、それを防ぐ(シェア数を引き継ぐ)ためにはFacebookのアプリケーションIDの取得が必須なのです。

そこで僕はひとつの決断をしました。シェア数自体も少ないですし、そこまでして執着したくもなかったので申し立てはせずアカウント停止を受け入れました。作ったばかりのアカウントということで友達がいないというのもあきらめが早い理由のひとつです。

それにしてもちゃんと本名で登録してたのに、Facebook開発者ページの手続きを始めた途端この仕打ち。せめて運転免許証の写真を完全に削除してくれと願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。