鍋割山に登るなら鍋割山荘に泊まったほうがいい

 登った   2016年5月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 山小屋の朝は早い。5時にはあさげの準備が始まります。

    nabewari117

    隙間から漏れる明かりと音。

    nabewari118

    こたつに残った昨夜の熱がありがたい。テーブルの上が徐々ににぎやかに。

    nabewari119 nabewari120

    「こんなのも撮るなんて変わってるね」と言いつつ撮らせてくれます。

    nabewari121 nabewari122

    朝食。普通に家でも食べたいくらい、バランスが取れた食事です。

    nabewari123

    宿泊客は400円のコーヒーが300円に。一服したのでそろそろ身支度を整えます。宿泊客の中では僕が最後になるようです。

    nabewari124

    来た時よりも美しく。

    nabewari125

    一個200円は良心的。シャケおにぎりと梅しそおにぎりを手に入れて出発します。

    nabewari126

    アクセントに木の芽なんて手が込んでいますね!

    縦走~鍋割山頂から塔ノ岳山頂

    nabewari127

    さて、出発します。小丸、大丸、金冷シを通過し、塔ノ岳を目指します。200mくらいは塔ノ岳の方が高いです。

    nabewari128 nabewari129

    尾根伝いなので昨日よりは楽な行程です。

    nabewari130

    多少の登り下りはあります。

    nabewari131

    左側に目をやると、ピークに山小屋らしきものが見えます。

    nabewari132

    拡大写真がこちら。おそらくこのあと目指す尊仏山荘と思われます。確かに200mくらい上っぽい。

    nabewari133

    縦走中。

    nabewari134

    小丸。

    nabewari135 nabewari136

    小丸尾根分岐。ここを降りていくと二俣の先あたりに出ます。一度下りたことがありますが、結構険しく感じました。

    nabewari017

    ↑地図でいう小丸ー二俣間が小丸尾根ですね

    nabewari137 nabewari138

    スミレとサクラでしょうか。

    nabewari139 nabewari140

    大丸。鍋割山稜はここまでです。

    nabewari141

    金冷シ。ここからは大倉尾根の領域に入ります。しかし43って書いてあるな…。

    nabewari142

    ピークは見えていますので頑張りましょう。

    nabewari143

    大倉尾根の両端、塔ノ岳と大倉の間は1,200mの標高差があります。45とかすごい数だ。

    nabewari144

    ついに最後の階段です。息は吸い込む前に吐ききりましょう。

    nabewari145

    頂上に着きました。人間は高いところに登るのが好きだな。

    nabewari146

    塔ノ岳【とうのだけ:標高1,491 m】。表丹沢の最高峰です。

    nabewari147

    やはり先ほど鍋割山領から見えていたのは、この尊仏山荘で合ってました。なんだかロッジって感じですね。

    nabewari148

    風が猛烈に吹いていて、体感的にとっても寒かったです。

    nabewari150 nabewari149

    山頂標識と山頂方位盤。

    nabewari151

    CoCa Cola 500円。

    nabewari152

    一息ついたら下山しましょう。

    下山開始~塔ノ岳山頂から大倉

    nabewari153

    下山開始。

    nabewari154

    金冷シまで戻ってきました。

    nabewari017

    ↑あとは大倉まで下りるだけですね。

    nabewari155

    7km(標高差1,200m)をひらすら下ります。

    nabewari156

    景色がきれいなことが大倉尾根の癒し。

    nabewari157

    植物が低木なのも景色が開けて見えやすいです。

    nabewari158

    nabewari160

    花立山荘。

    nabewari159 nabewari161

    前方には相模湾、右には富士山。

    nabewari162

    奥の岬みたいなのは『真鶴』だと僕は思うんですが。

    nabewari163 nabewari164

    天神平。このコース、登りだったらきついなと思います。

    nabewari165

    立て札の番号がカウントダウンされていきます。

    nabewari166

    堀山の家。家なの?

    nabewari167

    ロードローラーでも使ったのかと思うくらいきれいに平らにならされています。

    nabewari168 nabewari169

    登山道自体は歩きやすく整備されていますが、7kmはちょっと長い。

    nabewari170

    駒止茶屋。

    nabewari171 nabewari172

    いやぁ、通称“バカ尾根”と呼ばれるのもわかりますわ。逆コースは登りたくないなと感じます。体力に自信のある人なら挑戦ですね。

    nabewari173

    見晴茶屋。何個茶屋あんねんって感じですけど、それだけ難所なんでしょう。

    nabewari174 nabewari175

    雑事場の平。右の大観望経由で進むこともできます。迷わず左へ。

    nabewari176

    下の合流地点。

    nabewari177

    観音茶屋。

    nabewari178 nabewari179

    ここまで来てしまえば目をつぶってでも進めますね。

    nabewari180 nabewari181

    大倉尾根の0地点です!

    nabewari183 nabewari182

    丹沢クリステル!丹沢キャサリン!クレイジー!

    nabewari184

    物価が急落。

    nabewari185

    坂道!

    nabewari186

    登山者宿泊所 大倉山の家!

    nabewari187

    長ネギ苗、えびいも!

    nabewari188

    丹沢ゆかり!

    nabewari189

    大倉のバス停に戻ってきました。疲れたので見たまま口にしながら降りてきました。

    nabewari010

    30分おきに渋沢駅行きのバスが来ます。

    nabewari190

    靴用の水場。泥を洗い流せるのがうれしい。

    nabewari191

    どんぐりハウスでも何年か前から鍋焼きうどんを始めたとのこと。せっかくですので注文をしてみました。

    nabewari192 nabewari193

    柚子の風味が効いた塩ベースのあっさり味です。冬季限定だが春先まで需要をみながらやっているのだそう。

    実はここの鍋焼きうどんが、鍋割山荘のスタッフの間でも「誰か食べた人いないのかな」と話題になっていました。食べましたよ!

    大倉 0:00

    黒竜の滝 1:08

    尾関広氏之像 1:35

    二俣 1:39

    ペットボトル場 2:04

    後沢乗越 2:35

    鍋割山頂 3:49

    小丸 4:10

    小丸尾根分岐 4:18

    大丸 4:32

    金冷シ 4:42

    塔ノ岳山頂 5:00

    金冷シ 5:14

    花立山荘 5:27

    戸沢分岐 5:51

    堀山の家 6:04

    駒止茶屋 6:18

    見晴茶屋 6:37

    観音茶屋 6:52

    大倉 7:14

    ページ: 1 2

    コメント

    • はじめまして。草野さんの奥さまはお泊りになられているのですね。

      奥さまとは随分前にお話をさせていただいたことはあるのですが、お元気そうでなによりでした。
      僕も一度は泊まってみたいのですがなかなか機会がなくて…。

      2016年11月5日 4:53 PM | もり

    • もりさん

      コメントありがとうございます!
      奥様は今でも山登りされているようでしたよ。
      毎回泊まり込んでいるわけではないとのことです。
      他の宿泊客の方は常連だったんで、最初は緊張していたんですけど、
      奥様とスタッフの方のおかげですぐに楽しい時間になりましたね。

      2016年11月6日 11:48 PM | ヒローキ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

     よく読まれている記事